チャンピックス

禁煙というと長く苦しい戦いを想像してしまう方もいるかと思いますが、チャンピックスという禁煙薬を利用すればそこまで難しいものではありません。
禁煙が成功しないのは、禁断症状を抑えるためにニコチンを摂取して脳内でドーパミンを放出させようとするのですが、チャンピックスの主成分バレニクリンは、ニコチンの代わりにドーパミンを放出させる事ができます。

その上、ニコチンが受容体に結合するのを阻害する働きもあり、タバコを吸っても満足感が得られず、ただの煙臭いものだとしか思えなくなるのです。
ですから、タバコを吸いたいと言う欲求を抑えることができ、我慢や無理をしなくても自然にタバコから離れる事ができます。
チャンピックスの入手方法は二つあり、ひとつは禁煙外来で処方してもらう方法、もう一つはオオサカ堂などの個人輸入代行サイトで購入する方法です。
禁煙外来で処方してもらう場合、12週間は健康保険が適用できるので最初に検討するべき方法だと言えるでしょう。
しかし、通える場所に禁煙外来があるとは限りませんし、重度のニコチン中毒者の場合は12週間では治療期間が足りない場合があります。

そういった時は、自費診療よりも2万円ほど安く治療できる個人輸入でチャンピックスを購入する方法を、第2の手段として覚えておいて損はありません。
サイトで24時間いつでも購入できるというのも手軽で利用しやすいですし、他にも様々な医薬品を扱っているので薬をよく利用する方はまとめ買いで安く購入できるかもしれません。
タバコをやめると、仕事中にタバコ休憩を取る必要がなくなり、作業が中断されることなく仕事に集中できるようになったり、ニコチン切れのイライラなど不快感を覚えることがなくなります。
それに、部屋や服、持ち物がヤニ臭くなったり口臭が気になったりする事もなくなりますし、味覚や嗅覚が鋭くなって美味しいものの味と匂いがしっかりわかるようになり、食事が前より楽しくなるでしょう。

禁煙したら太ってしまったという人が多いのはこれが原因で、毎日の食事が一気に楽しくなるようです。
しかし、禁煙すると必ず太るというわけではありません。
確かに食事が美味しく感じられたり、胃腸が元気になって食欲が増したり、禁煙のストレスの反動で食べ過ぎてしまう事はありますが、それがわかっているなら対策をとればいいだけです。
タバコをやめて肺が元気になれば、スポーツも楽しめるようになりますし、間食は野菜スティックを食べるようにするとか、体を動かす趣味を持つとか、深呼吸して気持ちを落ち着かせるなど、禁煙経験者の意見を参考にすると良いでしょう。

最近では喫煙者であるというだけで周囲の視線が冷たいと感じる方も多く、禁煙に成功すればそれらを気にする必要もなくなります。
タバコをストレス解消のために始めたという方もいると思いますが、タバコをやめてみればタバコ自体がストレスの原因になっていたとわかるかもしれません。
禁煙に成功すれば自信もつきますし、心もからだも健康になって、きっと毎日が爽やかに感じられるでしょう。

champix01

禁断症状に打ち勝つ

タバコは体を害するものであることを充分に理解していながら、なかなか止めることができないのはどうしてでしょうか。
昔から言われているように、タバコには強い依存性があり、今まで当たり前のように吸っていた人が急に吸わなくなると、多かれ少なかれ禁断症状が現れます。
一番多く見られる症状はイライラでしょう。
ちょっとしたことでもカリカリしてしまいます。
これでは精神的にも良くありません。
おそらくそういう人たちはこの禁断症状に勝てなくてタバコが止められないのでしょう。
禁断症状というと、なかなか恐ろしいもののように感じてしまいます。
タバコの生理的依存症は、その成分であるニコチンが主な原因になっています。
このニコチンというものは、体内に入れると脳に働きかけてドーパミンといわれる快楽物質を出すことで知られています。
だから喫煙者はタバコを吸うと気持ちが落ち着いたりするのです。
数ある禁煙アイテムの中で、このニコチンを使って禁煙に導くものも少なくありません。
しかし、それらの禁煙アイテムでは、実際に禁煙に成功した人の数は、それほど多くないのが現状なのです。
体に良くないニコチンを使って禁煙し、その挙げ句に失敗したというのでは目も当てられません。
今、世界中で注目されている禁煙方法は、チャンピックスという禁煙治療薬を使ったものです。
この禁煙治療薬はニコチンは使わずにドーパミンを放出する成分が含まれています。
ですからチャンピックスを服用したあとに、ついタバコを吸ってしまったときも、既にドーパミンは放出されていますから、喫煙で感じられるはずの快感というものがなくなります。
これは早く言えばタバコが不味くなるということです。
不味いものなら吸うまでもなく、タバコを止めるきっかけにもなりますから、禁煙は成功するというわけです。
今、まさに禁煙をしようと考えている方なら、少しはこのチャンピックスに興味が出てきているのではないでしょうか。
しかし、チャンピックスは医薬品ですから、医師の診断や処方箋がなくては入手できないところが難点です。
ドラッグストアや薬局では買うことができないのです。
でも、海外からの個人輸入ならば購入することが可能となります。
自分でこれを行うのもいいのですが、もっと手軽に買い物ができる個人輸入代行サービスを使えば簡単です。
個人輸入代行サービスサイトは、オオサカ堂に限ります。
オオサカ堂は医師の診察、処方箋がなくても、個人輸入という形でチャンピックスを購入することができるのです。
多くの個人輸入代行業者の中でも、オオサカ堂がトップクラスの人気となっています。
その人気の理由はたくさんありますが、一つは信頼性でしょう。
こうした個人輸入代行サービスでは老舗的な存在であることと、これまでに実に多くのリピーターを確保していることなどがあげられます。
禁煙治療薬の購入は、オオサカ堂が絶対です。

目次へ戻る

禁煙成功のコツ

禁煙治療を受ければ誰でも禁煙できると思っている方もいるかも知れませんが、チャンピックスは100%確実に禁煙できるわけではありません。
もちろん、今までの禁煙グッズでは数%ほどしか禁煙に成功できなかった事を考えると画期的な薬であることには間違いないものの、あまり薬の力を過信してしまうと、気の緩みから結局失敗してしまうという事も考えられます。
チャンピックスでの禁煙成功率は40%以上と聞けば、本人の努力も欠かせないという事がわかるのではないでしょうか。
ですが、きちんと禁煙する意志を持ち、コツさえわかっていれば、自分の力だけで禁煙するのと比べて難易度は雲泥の差になります。
チャンピックスの効果でタバコを吸わなくても少量のドーパミンが放出されるため、何もしないで禁煙使用とした時に感じる渇望感や焦燥感はそれほど強くなくなるからです。
治療中は最初の1週間以降は禁煙するのですが、もしも久しぶりに吸ってしまったとしても、薬なしでは以前よりタバコが美味しく感じてさらにタバコから離れられなくなってしまうところ、薬を飲んでいればそれほどタバコが美味しく感じられませんから、意思の力でまた禁煙を再開する事が可能になります。
このように、禁煙治療薬としての効果はしっかりあるものの、意思の力は必要だという事を覚えておいて下さい。
とくに病院ではなく、個人輸入代行サイトでチャンピックスを購入して自分で治療する場合、しっかり心構えを持っておくことが大切です。
さて、禁煙を成功させるコツですが、一般的に禁煙する時に注意する事と同じです。
まずは、吸いたいと思った時にすぐ吸えないよう、たばこやライター、マッチなどを処分し、周囲の人たちに禁煙したと大々的に宣言しておきましょう。
そして、タバコを吸う人やタバコを買える場所、喫煙所などに近づかない、お酒の場に行かない、禁煙コーナーなどを積極的に利用するなど、タバコやタバコの煙から離れる事も効果的です。
また、タバコを吸う行動と結びついている生活習慣を変えてみて下さい。
これをした後にタバコを吸う、この場所に座るとタバコを吸うという習慣があったなら、そうできないように生活のリズムを変えたり部屋を模様替えをするのが効果的です。
あとは吸いたくなった時にその気持ちを落ち着かせる方法を考えておいて下さい。
口寂しいなら別のものを食べてもいいですし、お風呂に入ったり出かけてみるのもいいでしょう。
趣味を作って没頭したり、スポーツを始めるのもいいかと思います。
タバコはストレス解消になると信じている方も多いと思いますが、実際には禁煙に成功した人の方がストレスが減ったというデータもあり、辛い時期さえ乗り切れば確実にタバコを吸っていた頃よりも毎日が楽しくなるはずです。
気持ちが揺らいだ時は、タバコをやめればどんないい事があるのか考えてみて下さい。
禁煙を始めてから味覚が敏感になって、前よりごはんが美味しいと感じませんか。
タバコをやめれば部屋がヤニ臭くなったり汚れるのもなくなりますし、高いタバコ代からも解放されます。
体が軽くなったり、喉の調子が良くなった、息切れしなくなったなど健康も実感しているのではないでしょうか。
治療しながら自分が今まで頑張ってきたのを思い出せば、きっと禁煙を成功させることができるはずです。

目次へ戻る

成功率

せっかく禁煙をするなら、1度で成功したいものです。
しかし、従来のガムやパッチなどを使った禁煙方法では、意志の強さやモチベーションといったものも必要になってきます。
というのも、これらのニコチン代替法は微量のニコチンで体を慣らしていくので、吸いたいという気持ちを上手くコントロールできないのです。
成功率も10から20%台というデータもあって、禁煙というものの難しさを改めて思い知らされます。
また、重めのニコチン中毒だと、これらの禁煙グッズで成功を勝ち取ることは極めて難しいと言われています。
体が薬物依存に近い状態になっているからで、もし禁煙グッズを選択するのならせめて軽度から中度までのニコチン中毒まででしょう。
しかし、医療機関で処方されているチャンピックスは重度のニコチン中毒にも対応できます。
チャンピックスは2008年に日本でも許可がおりて、禁煙外来でも使用している、ニコチンを使用していない禁煙治療薬です。
安心して服用できるだけでなく、実力的にも2007年にガリアン賞を受賞しています。
これは薬のノーベル賞とも言われる賞ですから、いかにこの薬を使った治療が優れているかが分かるでしょう。
データ的にも禁煙成功率は44%とのことで、他の禁煙治療薬とは確かに一線を画している実績があるのです。
チャンピックスを服用することで得られる満足感は、ニコチンを摂取した時と非常に似ています。
そしてその満足感を少しずつ薄めていき、やがては煙草を吸っても満足感を得ることができないような体になっていきます。
つまり、煙草を吸いたいという気持ちになりにくくなるのです。
服用法も錠剤を12週間手順通りに毎日飲むだけですから、ストレスになることもほとんどありません。
確実に禁煙をしたいという方にとって、これほど魅力的な禁煙治療薬はないでしょう。
では、チャンピックスは医療機関を通してしか手に入らないのでしょうか。
もちろん、そんなことはありません。
診察を受けて処方してくれるのが医療機関というだけです。
現在はインターネットが普及しているおかげで、海外医薬品も輸入代行サイトを利用すれば簡単に手に入るようになりました。
その代表的な業者がオオサカ堂で、サイトも商品説明も全て日本語で書かれていますし、サービスも非常に評判がいいことで人気になっています。
個人で使用するときはチャンピックスのスターターパックや、継続用のメンテナンスセットなど、色々選ぶことができます。
お試しであればスターターパック、最初から禁煙に成功するまで飲み続けるという方であれば、禁煙外来12週間セットもあるのでチェックしてみてください。
コストを考えると、禁煙外来12週間セットが一番お得で、39800円で購入することができます。
もちろん、オオサカ堂の医薬品はメーカーが開発をした正規品を取り扱っています。
きちんとしたチェックを通っていますから安心して使用することができるでしょう。

目次へ戻る

ニコチン依存症のメカニズム

タバコを吸うと落ち着くと言う人もいます。
これはニコチンが自律神経の働きを正常化させることで起きます。
またタバコを吸ったら落ち着いたという経験があるは、タバコは落ち着くと言うのが頭にインプットされていう事も少なくありません。
さらに喫煙が常習化している人にとっては、普段と同じ行動をする事自体が落ち着く要因と言えます。
そのため、タバコを止めるとイライラするからまた吸ってしまう人も大勢います。
ただ習慣化しているから禁煙ができないとは限りません。
喫煙を続けている人の体は、ニコチンが供給されている状態になります。
ニコチン自体はとても依存性が高い成分で、禁煙によって急に供給されなくなるとイライラしたり集中力が途切れやすくなってしまいます。
それを防ぐ為には、それが無くても生活できる体を作らなければいけません。
その点から行くと、ニコチンパッチやガム等は供給する手段を変えているだけになるので、根本解決とは言えません。
そこでニコチンを体が必要だと思わせなくする方法として注目されているのがチャンピックスです。
これは脳内のニコチン受容体と結合する事ができるので、タバコを吸いたいと思わせなくする事ができます。
また既に脳内ではニコチンを欲していない状態となるので、喫煙したとしてもおいしく感じなくなります。
従来の方法に比べるとより禁煙成功率も高い方法です。
現在日本では禁煙外来等でこの薬を処方してもらう事ができます。
ただニコチン依存症と診断されないと保険が適用されません。
保険適用の場合は医療機関にもよりますが、大体18000円から20000円程度で治療を行う事ができます。
しかし保険適用外となると、大体50000円近く必要となる事を理解しておきましょう。
ニコチン依存症というほどではなくても、なるべく効果的、しかも確実に禁煙したい人におすすめの方法がチャンピックスを海外から個人輸入するという事です。
日本国内ではまだ市場には出回っていないのでドラッグストア等では購入できませんが、海外ではそれを買う事ができる国もあります。
そこから直接輸入すれば、国内に居ながらにして簡単に薬を手に入れる事が可能です。
現在多く利用されている個人輸入の方法は、仲介業者に間に入ってもらう方法です。
その業者の事を輸入代行業者と言います。
直接その業者が個人に転売するわけではないので、薬事法を違反しているわけではありません。
また、オオサカ堂等有名な業者であれば、安心して薬を注文する事ができます。
ただ、現在市場に出回ってるチャンピックスのうち10%は偽物と言われています。
健康被害を起こさない為にも、正規品を扱っている業者を利用しましょう。
その点から行くと、オオサカ堂は専任の薬剤師が点検している事、さらに正規品のみの取り扱いとなっているので、品質の面から言って不安は全くありません。
後は正しい飲み方を利用者がすれば、今まで何度も失敗してきた人でも、禁煙成功も遠い夢ではないと言えるでしょう。

目次へ戻る

個人輸入代行サイト

海外の医薬品を買おうと思ったら、いろいろな手を考えつくでしょう。一番簡単なのがクリニックで診察を受け、処方してもらう方法です。

バイアグラなど日本で認可された海外の薬を始めて使う時は、この方法がもっとも確実でしょう。特に今はインターネットが発達しており、ネット通販の形で海外の薬を購入することもできます。正確には通販サイトではなく、個人輸入代行サイトを使うわけですが、表面上はほぼ同じ買い方です。

オオサカ堂は個人輸入代行サイトの中では老舗で、ED治療薬から避妊ピルまで、幅広い品揃えと、確かなサービスで知られています。このサイトは正規品100パーセントをうたっており、まがいものを排除しているので、安心して買うことが可能です。

個人輸入と聞くと、何か難しいことをしているように聞こえますが、輸入に関する手続きは業者任せですから、何も心配することはありません。むしろ、ここで買ったほうがクリニックで処方されるよりはるかに値段が安かったり、多くの種類がある中から自分好みの薬を選べたりと、メリットはたくさんあるのです。禁煙補助薬として名前の知られたチャンピックスをオオサカ堂のサイトで見つけました。

この薬はすでに国内でも流通しており、クリニックで処方される際に保険がおります。そのため、禁煙治療が公になり、多くの元愛煙家たちが禁煙をするために利用しているのです。これを使って禁煙に成功した人が私の知り合いにもいました。彼
はニコチンガムなどを使って禁煙しようと努力していましたが、どうにもうまくいかないので、オオサカ堂を使ってチャンピックスを購入し、喫煙そのものはすぐにやめなかったですが、だんだんと自然にタバコの本数が少なくなり、やがて吸いたくなくなったと言っていました。
これはどうしてかというと、チャンピックスを使うことによって、ニコチンがない状態でもいらいらや倦怠感など、離脱症状が軽くなっていったからです。ニコチンが切れると、たいていの人が精神的に不安定になり、攻撃的になったり仕事に集中できなかったりします。

この薬を使うと、一時的に吐き気やめまいなども副作用として出ますが、最終的にはタバコと決別することができるわけです。きちんとした段階的な手続きを踏めば、タバコは確実にやめることができます。
知り合いはチャンピックスを12週間ほど使い続け、見事禁煙を成功させました。

薬によってタバコを断つ方法は昔から言われていましたが、ここまで見事に禁煙ができる薬は類を見ないでしょう。しかも、生活を変えたり、無理をすることなくタバコがやめられたとあって、彼も彼の家族も大変喜んでいたのです。

今はタバコを吸う人にとって受難の時代ですから、タバコを吸わなくても済むようになれれば、言うことはありません。いらいらしている家族を見るのは誰でも嫌でしょうから、自然な形でタバコ嫌いになれるこの薬は、まさに理想と呼べるのです。

目次へ戻る

チャンピックスではっきりした禁煙宣言を

意志の強い弱いに関わらず、人間にはできないことがあります。
それは、アルコール依存症やニコチン依存症からの脱却です。
すでに脳の中に特定の物質を必要とする流れができてしまっている以上、それを打ち消すには、より強い指令が必要になります。
それは日常生活の中で得られるものではなく、薬による治療が不可欠なのです。
禁煙に何度も挑戦し、失敗してきた私は、いつしか市販の禁煙用のグッズや薬に疑いを持っていました。
どうせやっても無駄なのだと思うと、やる気も起きなくなるのです。
一生タバコをやめられなかったらどうしようかと、不安にもなりました。
そんな時、かつて利用していたオオサカ堂のサイトで、チャンピックスを見つけたのです。
私はこのサイトでED治療薬を買っていたのですが、禁煙補助薬も売っていることは知りませんでした。
オオサカ堂とは、海外医薬品の個人輸入代行サイトです。
わかりやすく言うと、利用者に代わって商品を輸入してくれます。
輸入の手続きをすべて業者がしてくれるので、利用者はただ商品をサイト上で注文するだけでよく、大変楽に買い物が可能です。
禁煙に苦しむ人は世界各国に存在します。
それでなくとも、駅や公共の場では喫煙スペースがなくなり、受動喫煙の関係から、タバコを吸わない人の意見が強くなりました。
タバコはもはや社会的に見ても弱い立場にあり、それを吸うのは意志の弱い人と目されているわけです。
私の場合は経済的な理由もあってタバコをやめようと決意したのですが、家族からも健康のため、タバコをやめるように言われていました。
ここでオオサカ堂のサイトを見たのも何かの縁と思い、チャンピックスをまとめて購入して使うことにしたのです。
最初はかなりニコチンに対しての依存度が高かったこともあり、吐き気やめまいなども薬を飲むたびに起こりました。
しかし、それがだんだんと軽くなってきて、そのうちタバコを吸いたい気持ちが薄れていったのです。
さらにチャンピックスを続けていたら、周りでタバコを吸っている人にも嫌悪感を感じるようになりました。
これは、私の体がタバコを拒否するように作り変えられたのでしょう。
この薬は脳のニコチン受容体に直接作用し、タバコ好きからタバコ嫌いに体を作り変えてくれるわけです。
もちろん、効果は個人差がありますから、みんながみんなこれで禁煙に成功するわけではありません。
しかし、たいていの人がこの薬を用いて禁煙に成功しているのを見ると、続けさえすれば、確実に禁煙効果が出るとわかりました。
オオサカ堂の口コミ記事から希望を得た私は、家族にもチャンピックスではっきりした禁煙をすると宣言しました。
これでだめなら打つ手なしとも考え、タバコを吸いながらでも、薬を飲むのはやめなかったのです。
12週間も過ぎる頃には、私はタバコを一本も吸わなくてもいらいらしたり、不安定にならない状態になっていました。
海外の薬のすごさを、私はここで改めて感じたのです。

チャンピックス使って、ラクラク禁煙

10代後半から喫煙を始めて、喫煙年数が30年以上になります。
その間に何度か禁煙しようと努力したことがあります。
いわゆる代替の物を使ってやめようとしたことがあります。
いわゆる禁煙パイポとか電子タバコとか使ったのはそのころでした。
ただこれはあまり長続きせず、タバコを吸いたいときに口の中にタバコの代わりのものが入っているということなので、咥えているのをやめているとすぐに吸いたくなってしまうのでした。
次に利用したのがニコチンパッチやニコチンガムでした。
これ、結構お金がかかったしニコチンを補うという手法は、非常に理解しやすかったのですが、体は理解しなかったようでした。
ニコチンパッチやニコチンガムの利用をやめてしまうと、ついついタバコに手が伸びてしまっていました。
つまりタバコ自体が嫌いにならない限り、タバコ習慣はなくならないのだなあと思いしらされたし、改めて意志の弱さも痛感しました。
そして、すがるような思いで手にしたのがチャンピックスでした。
個人輸入代行業者のオオサカ堂に頼んで手に入れました。
これは効果がありました。
私の弱い意志にムチを入れてくれたというのではなくて、タバコ自体を衰退という気持ちがなくなってしまったのです。
凄いのは、チャンピックスを服用しながら喫煙することで、タバコがまずいという効果が出てくることです。
だから、無理を感じることなくタバコの本数を減らしていくことが出来ました。
他の喫煙に成功した人たちも同じことを言ってました。
喫煙すると、体内にニコチンが入り込み、体内にあるニコチン受容体とくっつきます。
そしてその時に快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。
これが習慣化して喫煙依存症になっていきます。
チャンピックスはこのニコチン受容体にくっつきドパミンを噴出させる働きをします。
その為、ニコチンが受容体と結合するのを邪魔する働きをします。
その結果、タバコを吸って体内にニコチンを取り入れてもドパミンが放出されず、ただ煙たいだけの状態を作り出すのです。
さすがにこうなるとタバコを吸いたいという気持ちはなくなってきます。
禁煙成功者が50%を超えようかというのも無理からぬことなのです。
このチャンピックスは、現在は日本で認可されている医薬品なので、医師の処方箋があれば調剤薬局で入手することは可能です。
ただ高いです。
医師の診察費用とか含めると、5、6万円は軽くかかりますが、オオサカ堂のような大手の個人輸入代行業者に依頼して購入すると、4万円以下でフルセットの薬が手に入ります。
これは大きいです。
またチャンピックスに限らず、海外医薬品は個人輸入代行業者経由で入手する方が安い場合が多いです。
ED治療薬とか女性用ピルとかは特にその傾向が大きいです。
日本でも入手できるが、医師の処方箋がいるとか、手間暇がかかるとか、お金も回数が重なると言うような海外医薬品は、まさにこれに該当します。
今後もその傾向は続くと思われます。